ジビエ x ビストロ「Nico(ニコ)」で鹿肉や猪肉を赤ワインでリーズナブルに味わう

お一人様レベル3 (人によるかも)

ジビエ x ビストロ「Nico(ニコ)」で鹿肉や猪肉を赤ワインでリーズナブルに味わう

ワインを飲みながらジビエが食べたい!

鹿や猪、鴨にそして熊。特に季節も秋になってくると、食べたくなるのがジビエ。ジビエとは、狩猟によって捕獲された野生動物のお肉のこと。

そんなジビエを気軽に、リーズナブルに楽しめるお店が東京・日本橋にあリます。

お店は神田駅南口から徒歩で約4分、新日本橋駅からは2分ほどの場所にあります。表通りから裏道に入ると、ありました。ジビエとビストロのお店「Nico(ニコ)」。

お店はカウンターと樽のテーブル、2階席にもテーブルあり

お店に入ると、1階にはカウンターと樽のテーブルがあります。座ったことはないのですが、2階席にもテーブルがあり、こちらは主にグループのお客さん用のようです。

飲み物メニュー

このメニュー以外にもボトルワインのリストがあります。お値段はどれもリーズナブルです。

豊富な前菜!

前菜となるメニューも豊富に用意されています。温かい料理も冷たい料理もどちらもありますが、ほぼ全てのメニューにジビエが何かしらの形で使われています。

もちろんメインも豊富

メインにはガッツリとしたお肉もありますし、炭水化物系の料理も用意されています。

お通し

お通しのパンもおいしいです。

蝦夷鹿もも肉のタルタル

まずはこのお店のおすすめ、蝦夷鹿もも肉のタルタルをいただきます。肉に臭みはなく、あっさりといただけます。とはいっても淡白なだけではなく、噛めば噛むほど味わい深くておいしいです。

赤ワインを飲みながらいただきます。

ハンバーグ

牛肉や豚肉では味わえない野性味あふれるハンバーグ!でも、臭くはないのでジビエに慣れていない方でも大丈夫ですよ。

もちろんこのハンバーグも赤ワインでいただきます。至福の時間・・濃い目のソースとマッシュポテトもたまりません。

おいしくてリーズナブル!良いお店だけど、おひとり様だと少し落ち着かないかも

Nico(ニコ)はとてもおいしくてリーズナブル。

良いお店なのですが、周りにはカップルや友人同士が多く、店内もあまり大きくなくてお客さん同士の距離が近いこともあり、一人だと少し落ち着かないかもしれません。

気になる点はそこだけなので、一人でも気にならない!という方にはもちろんオススメのお店です。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。