おひとりさまの老後に年金はいくらもらえる?

お一人様レベル1 (一人でも全く問題なし!)

おひとりさまの老後に年金はいくらもらえる?

・老後に本当に必要なお金はおひとりさまならいくら?

最近、老後に必要なお金として、二千万円が必要かもしれない、という報道を目にすることがあります。
このお話の出所としては、金融庁の金融審議会の出したレポート「高齢社会における資産形成・管理」が基となっています。
参考:https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf

・一般的な世帯モデルでは、およそ2000万円が必要

このレポートの本当の内容は、「少子高齢化が進んで行くこれからの社会では、年金があまりあてにならず、従来の預貯金だけではお金が足らない可能性が濃厚なので、自分の老後のお金は自分で用意をしましょうね」というものです。

かなり良いアドバイスが書いてあるのですが、テレビでクローズアップされて報道される一部分は、次のような内容です。
・月額の老後の生活費26.5万円―老後の月額収入(主に公的年金)21万円=毎月の不足額5.5万円
つまり、毎月5.5万円お金が足らないので、貯金を毎月5.5万円取り崩していかないと生活ができません、ということです。
一般的な世帯モデルでは65歳から95歳まで生きるとすると、1980万円が必要ということになります。
(5.5万円×12カ月×30年間=1980万円)

・上記は夫婦の合計 おひとりさまの場合はいくらもらえる?

それではおひとりさまの場合は、老後の年金は平均的にいくらもらえるのでしょうか。
2014年度の厚生労働省資料によると、次のようになっています。
※参考文献「東大がつくった高齢社会の教科書」
・女性で会社員・・・月額およそ10万8千円
・女性で自営業・・・月額およそ5万円
・男性で会社員・・・月額およそ18万円
・男性で自営業・・・月額およそ5万円
もちろんこれは、統計上の平均月額ですので、現実に読者の方がもらえるお金とは異なります。現実には、その人の現役時代の収入などによって変化します。
もっと多いかもしれませんし、もっと少ないかもしれないのです。

・おひとりさまの場合はいくら足らない?

それでは、今度はおひとりさまが65歳から95歳まで生きるとすると、いくら必要なのかを計算してみましょう。ここでは計算を単純化するために、やはり統計上の16万円という生活費をモデルに使います。
ただ、現実的には16万円で現状と同じ生活ができるかどうかは、持ち家のある・なしなどの個人の状況で大きく変わってきます。
・女性で会社員・・・月額およそ10万8千円―生活費16万円=毎月5.2万円の不足
30年間で1872万円のお金が必要
・女性で自営業・・・月額およそ5万円―生活費16万円=毎月11万円の不足
30年間で3960万円のお金が必要
・男性で会社員・・・月額およそ18万円―生活費16万円=毎月2万円の余裕
・男性で自営業・・・月額およそ5万円―生活費16万円=毎月11万円の不足
30年間で3960万円のお金が必要
上記のようになりました。

・貯蓄から投資へ

現在の低金利でお金を貯めて増やそうとすると、大変に長い時間が必要です。
そこで、金融庁は「貯蓄から投資へ」と訴えています。
一体、合理的な投資とはどのようなものなのでしょうか。今後、本サイトにて、定期的に合理的な資産運用の方法をお伝えできれば、と思います。
本記事をお読みくださり、ありがとうございました。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。