酷道(国道)158号?恐怖の道路は、実は素晴らしい景色につながっていた!【一人旅】

お一人様レベル2 (一人でもほぼ大丈夫)

酷道(国道)158号?恐怖の道路は、実は素晴らしい景色につながっていた!【一人旅】
【HotelsCombined】なら複数のホテル予約サイトから最安値を一括検索できる!

岐阜県と長野県の間にある恐怖の道路とは?

奥飛騨温泉や岐阜県高山市と長野県松本市を移動する場合は、一般的に「国道158号」を使います。また、その間には「安房峠道路」と呼ばれる有料のトンネル(自動車専用道路)を通ると、スムーズに移動することができます。

と、ここまではあくまで一般的な移動方法。しかし、ここには別名「酷道158号」と呼ばれる場所があることを知ってしまったのです。。

酷道158号とは、自動車専用道路ができる前に使われていた安房峠のことだった

行きは利用した自動車専用道路の「安房峠道路」を横目に、国道158号をそのまま進みます。すると、確かに道路が急に汚く狭くなり、そこら中に「落石注意!」「この道路は通行止めになる場合があります」の看板がこれでもか、これでもかと立っています。。

そんなに落石するのか。。でも、「とは言っても国道でしょ」とたかをくくり進んだところ、上の場所に出くわしました。ボコボコの落石防止フェンス。。

一見綺麗だけど、急にボコボコする道路

一見綺麗な林道にも見えますが、急に道路がボコボコする場所もあるので気が抜けません。特に、長野県側に抜けた後の轍で車体が激しく振られました。しかもカーブ。これは本気で注意です。これでも国道。。

でも、この景色に出会える!

でもこの道路、悪いことだけではなかったのです。標高1,790 mにも達する峠からの眺めが素晴らしいのです。

岐阜県と長野県の県境あたりでは、雄大な穂高岳が見える!

岐阜県と長野県の県境あたりからは雄大な穂高岳など、北アルプスを見渡すことができます!この辺りに来ると、他にも景色を見ながら休憩している人たちに出くわしました。

トンネルを使えば5分ほどの距離が、この峠を使うと40分ほどかかります。それでも昔は、歩きでも観光バスでも、この峠を超えるしかなかったんですよね。

行く必要はないけれど、行けば雄大な風景とも出会える道。運転に自信のある方は、こんなちょっとした寄り道はいかがでしょうか?

【HotelsCombined】なら複数のホテル予約サイトから最安値を一括検索できる!
報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。