伊勢・鳥羽 おいしいもの巡りで運気アップの一人女子旅

伊勢・鳥羽 おいしいもの巡りで運気アップの一人女子旅

伊勢えび解禁!

グルメの秋。
おいしいものが食べたいと思って調べていたら、三重では10月から伊勢えび解禁となり、
おいしい伊勢えびが食べられるという情報をゲットし、一泊二日でグルメ旅行をすることにしました。

鳥羽 伊勢えびづくし 美空

三重出身の大学の友人、三重県在勤者の友人二人に聞いて、その二人からすすめてもらったのが
鳥羽市にある「伊勢えびづくし 美空」

ご飯、お味噌汁、サラダ、前菜、エビフライ、そしてこの盛り合わせのセットで2500円くらい。
伊勢えび甘くておいしかった~~

聞いてみると、このあたりでも伊勢えびをおいしく、お手頃に食べられるお店は意外と多くないらしい。
お店は静かな住宅街に、しかも坂をぐいっとのぼったところにあるのでまさに隠れ家。
地元の情報って、やっぱり大事ですね。

太め、やわらかめの、甘め 伊勢うどん

伊勢のソウルフードと言えば「伊勢うどん」
舌で切れるよ!というくらいやわらかめなのが特徴です。
めんつゆではなく、だし醤油を垂らしてたべるのも伊勢うどんならでは。
しかもちょっと甘めなので、関東の人には受け入れらにくいらしい…
私はけっこう好きだけどな~

そして同じ「伊勢うどん」でも、まったく違うのが「伊勢うどんアイス」…

なぜ作った!?

それが食べた感想です笑
まず、アイスに面した部分のうどんが冷えすぎて凍ってます笑
しょうゆとネギはいがいと、アイスとの相性がいいです笑
しかし、かまぼこ…。かまぼこがいけない…。

ぜひ食べて、悶絶してみてください笑
ちなみに一件目の「美空」の近くにある鳥羽水族館で食べられます。

伊勢神宮に行ったら「豚捨」に寄らずには帰れない!

伊勢神宮といえば、おかげ横丁。
おかげ横丁といえば「豚捨」。

もともと牛肉の卸売のお店だったらしく、そこの牛肉が豚肉捨てちゃうほどおいしいってころでこのお店になったそう。その名は違わず、本当においしいです。東京駅の近くにある「KITTE」にも入っていて、そこのすきやきは絶品です。

ここの名物は「コロッケ」!
これは絶対食べなきゃいけない。
コロッケ観がかわります。
甘みの強いじゃがいもに、まったりとした牛の油がなじんでうまみが口の中にひろがります。
それに揚げたてのカリッサクッな触感がたまりません。

行列してるけど、わりと早く進むので並ぶ価値ありです。

揚げたてがたまりません。

おかげ横丁でしか食べられない!赤福のぜんざい

ここでしか食べられないという「赤福のぜんざい」
赤福はおかげ横丁の入口付近にあって(他にも数店舗あります)、伊勢に来たな~という気持ちにしてくれます。
きっと昔の人は、各地方から何日もかけて伊勢参りのため足をはこび、この赤福で来た道を振り返りながらぜんざいで労をねぎらったり、帰り道へのパワーをいただいてたなかなーと思いを馳せつつ、ぜんざいをいただきます。

最後は伊勢神宮でパワーを充電!

いっぱい食べたら、伊勢神宮の広い敷地をめぐり、しっかりエネルギー消費して神様のパワーをもらった旅になりました♪

御朱印もしてきた♪

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。