【ワイン好きなら一度は行きたい!】本場フランスのブルゴーニュでワイナリーめぐり

お一人様レベル3 (人によるかも)

【ワイン好きなら一度は行きたい!】本場フランスのブルゴーニュでワイナリーめぐり

パリから二時間半。ブルゴーニュの都市ディジョンへ!

フランスに住む友人を訪ねる海外一人旅で1泊二日のフランス・ブルゴーニュ旅行をしてきました。
ブルゴーニュ地方の地方都市DIJON(ディジョン)は、パリから電車で二時間半。
1日目は市内観光、2日目は半日のワイナリーツアーを利用しました。

ディジョンのグルメ情報

ディジョンといえば「マスタード」を連想する人も多いのではないでしょうか?中心街には食品店やお土産屋さんでいろんな種類のマスタードを見ることができました。いろいろ試食した結果、私のお気に入りはフィグ(いちじく)。甘みがちょうどいい感じです。

エスカルゴや牛ほほ肉の赤ワイン煮なども、この地方の料理だそうです。
エスカルゴは、初体験でした。サザエみたいなプリッとした食感でおいしかった!

カシスリキュールもブルゴーニュが発祥の地らしくて、お店で何度も見かけました。

海外旅行先では、やっぱりその土地のものを食べたいですよね♪

ワインの街らしく、街の中のワインショップではワインの香り辞典みたいなものがありました。
たしかこれで3~4万円くらいで売られていたかな?
メロンとか、ベリーの香りとかはなんとなくわかるけど、中には鹿の香りとかピーマンの香りとかあって
なかなかおもしろかったです。

うれしい日本語ガイドでワイナリーツアーへ!

今回お世話になったのは、ネットでみつけたこちらの方↓
レ・グレマンディーズのカワサキさん。
https://les-gourman-disent.jimdo.com/

なかなか旅行の準備ができなくて、予約をとったのも3日くらい前だったんですが
すぐにメールを返してくれるし、泊まっていたホテルまで迎えに来てくれるし、
昼過ぎには電車に乗って移動しなくちゃいけなかったんですが、荷物全部車に乗せて移動してくれて
時間ギリギリまでツアーを楽しませてくれました!
本当にありがとうございます!

今回は参加者は私1人でした。ガイドさん貸し切り!
お二人とか、グループでの参加が多いですが、一人で参加される人も少なくないようです。
今回は一人だけだったけど、ワイン好きの人と出会うチャンスもあるかもしれないですね♪

ジュブレイ・シャンベルタン

一件目のワイナリーは、ジュブレイ・シャンベルタンにある老舗ワイナリー。
ワインは好きだけど詳しくはない私でも、聞いたことある名前です。

ここでは、6本くらいのワインを年代別、地形別、クリュの階級別で飲み比べしました。
ガイドのカワサキさんが、「こういう地形だと水捌けがいいからこんな味、一方泥っぽいとこだどこんな味になりますが、さてこれはどっちでしょう?」みたいな感じでクイズにしながら説明してくれるのがとっても楽しい!

全問正解で褒めてもらえました!やった♪

こんなふうに地図で確認しながら、いろんなことを教えてくれます。

ドメーヌ ベルターニャ

こちらのワイナリーでは、グランクリュといって最高級のワインをテイスティングすることができました。
全部で4種類。1つは白ワインでした。

3つの階級別のワインを飲み比べてみましたが、味の複雑さとかふくよかさがまったく違う!
グランクリュなんてなかなか飲む機会がないので、こんなふうに楽しめるなんてうれしい~
それに、こちらのワイナリーはほ日本にはほとんど輸出していないそうなので、なかなか出会えない希少なワイン!
グランクリュがおいしいのはもちろんですが、白ワインもかなりおいしかった!

外観も、とってもステキなドメーヌでした。

ロマネコンティの畑を眺めながらドライブ!

テイスティングを楽しんだ後は、ワイナリーの畑を実際に見に連れて行ってくれました。

遠目から見て、高いところから低いところにかけて膨らんでいる畑と沿っている畑をみると
土壌の違いによって、味が異なることが実感できます。

あの有名なロマネコンティの畑にも連れて行ってくれました。

天気がよかったこの日、自転車で畑やワイナリーをめぐっている人もたくさん見かけました。

半日ツアーなんてあっという間!
今度は1日、いや2~3日くらいでゆっくり楽しみたい!
ワイン好きの人には、たとえ一人でも訪れてほしい魅力がいっぱいでした。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。